USAF 酸素マスク用“Bayonet Connector”3rd Model(T型)/Sierra社製/2個組み/実物・極上


【関連商品】
1947年制式採用されたF-84サンダージェット、F-85セイバーの登場をもって、本格的なジェット時代の幕開けをむかえた米空軍において、1948年、初のハードシェル・ジェットヘルメット、P-1が採用され、同時に使用されるOxygen Mask(酸素マスク)においても、大戦時に使用されたA-13Aが、MS22001、MBU-3/P、MBU-5/Pと改修仕様変更された。酸素マスクとヘルメットのコネクション型式も当初は大戦時同様、ドットボタンが用いられたが1950年代末頃よりはヘルメットに取り付け固定されたレシーバーに酸素マスクのストラップに取り付けられたジョイント金具(Bayonet Connector)を差し込み脱着する型式に変更された。ここで紹介するBayonet Connectorはその形状から一般にT型と呼ばれ制式採用は1962〜1963年頃と推定され、販売品はパイロット装備関連製造メーカーとして知られた“Sierra Eng. Co.”製の同コントラクト(1963年)2個組み、実物・極上品。
コレクターズ・アイテム ! !

■制式名称:
Bayonet Connector, USAF DWG. 63-C-4228
■Stock No.:1660-00-066-2077

■使用された主な酸素マスク例:
MBU-5/P

■販売:
同コントラクト(1963年)2個組み。

■コンディション:極上
ご案内品はUSED品としては極上クラスの物ですが、あくまでも実際に飛行に使用された米軍放出品です。使用に差し支えない金属部分の変色、小汚れ、小傷等がある事、予めのご理解ご了承、願います。
■程度:実物・極上
■ITEM#:00-27-9525
■価格:¥8,500(税別)
■サイズ:7.3cm(最大幅)x 7.4cm(長さ)
SOLD OUT