TALON, M-42(大戦中後期) フロント・Zipper/実物・未使用





Zipperの創成メーカーであるTALON社により1942〜44年にかけ製造された、大戦中後期、戦時型フロント・ジッパー。
1930年代後半から採用されたオートロック型式のスライダーの故障の少ない安定した使い心地はZipperの本家、TALON社ならではのものである。
◇実物・未使用、デッドストック品 !
WWII AAFレザー物のリペアに最適 ! !

■TEETH:
◇規格:#5
◇幅:6.2mm
◇鉄、亜鉛から構成される合金。
◇テープ色:Brown(茶)

■Zipスライダー:Interloking Slide
注)日本ではオートロック・タイプと呼ばれることが多いこの型式はスライダーにスプリングとピン(爪)を組み込むことによりスライダーが所定の位置より意志に反し下がることを防ぐロック機構。

■Retainer/End Box:
Box自体の形状は大戦初期型に用いられたアール・デコのデザインが継続使用されているが、その面に彫り込まれた斜めラインは直線に変わり初期型にあったTALONのロゴは省略されている。

■基本長さ:62cm
注)End Box下端より上止め上端まで(余りテープ部は含まず)
※カット希望の方はオーダーフォームのコメント欄にご希望の長さをご記入下さい(5mm単位)。


■用途:A-2, B-3 をはじめとしたほぼ全てのAAFレザージャケット、M422A, G-1(55J14), B-10, B-15, B-15A等、用途は広い。
 
■程度:実物・未使用
■ITEM#:95-01-4201
■価格:¥5,000(税別)
■サイズ:基本長さ:62cm
 
数量:
注文