AAF A-10 GLOVES
A-10/グローブ
PRICE: ¥12,000 (税別)
サイズ:8, 8 1/2, 9, 9 1/2,
10, 10 1/2, 11, 11 1/2
ITEM #: 09-17-1000
※各サイズの在庫状況に関しては、サイズ・チャートを参照下さい。
主な復刻 SPEC.
・レザー: 最高級ゴートスキン(山羊革)、シールブラウン
・ライニング:ウール 100%・ニット編み地
・リストニット::100% ウーステッドウール(毛足の長い羊毛のみを選別し紡がれたウール糸)、筒・段編み


ライニング
(ウール 100%)
AAFデカール リスト部分
(アウトサイド)
リスト部分
(インサイド)


1938年7月20日、US AAF(米陸軍航空隊)により制式採用されたFlying Winter Gloves, Type A-10は従来のパイロットグラブが抱えた多くの欠点をカバーする事に成功した画期的なフライング・グラブであった。当時、一切の暖房設備を有しなかった航空機のパイロットにとってフライング・グラブは絶対の必需品であり、そしてその必需品であるグラブには勝れた保温性と高い機能性という、時に相反する二つの特性が求められた。これらの特性を満たすためType A-10において採用された主なSpec.(仕様)として、極細ウール糸で編まれた薄手ニット地をライニングに使用する事、手首にはA-2ジャケット同様筒編みリストレットが取り付けられ、又機能性を高めるための指先重視の各指の長さ決定、各指が機能的に動くように工夫をこらしたパターン設計、そして本体には伸縮性に富み、タフであるゴートスキン(山羊革)が使用された。結果、指先の機能性を損なわずに保温性に富んだType A-10は多くのパイロット、クルーの絶大なる支持を得、航空機の機内が密閉され温度調節が可能になるWWII後期に至るまで長く愛用された。現在私達がグラブという物に対し当時のパイロット、クルーが望んだと同様に高い機能性と勝れた保温性を求めるならば A-10グラブは現在においても最高のグラブといえるのではないだろうか。
 
グラブ・サイズ 8 8 1/2 9 9 1/2 10 10 1/2 11 11 1/2
在庫状況
 ○=在庫あり、△=在庫少量、×=在庫無し
 ※但し○△に関しても、急な在庫切れが発生する事も予想されます。 ご容赦下さい。

ITEM # 名 称 サイズ 数量 注文
09-17-1000 A-10 グラブズ 注文

       
-


ミリタリーショップMASH

Copyright MASH CO.. All Rights Reserved
サイズ選びインフォメーション ご注文に関して ご注文に関して サイズ選びインフォメーション M.O.C.コレクション・40S & 50S M.O.C.コレクション・40S & 50S M.O.C. インデックス top top M.O.C. インデックス