サイズ選びインフォメーション ご注文に関して ご注文に関して サイズ選びインフォメーション M.O.C.コレクション・40S & 50S M.O.C.コレクション・40S & 50S M.O.C. インデックス top top M.O.C. インデックス
 
NAVAL AVIATORS & GROUND CREWS

CONTRACT NXs-1404
PRICE: \39,000
制作サイズ:34, 36, 38, 40, 42, 44, 46
ITEM #: 09-03-2110
※各サイズの在庫状況に関しては、サイズ・チャートを参照下さい。
主な復刻 SPEC.
・表地:NAVY SPEC. 13.2オンス・コーデュロイ, 綿 100%
・ライニング:アルパカ 100% タフティング・パイル, 14オンス
・ファスナー:実物デッド TALON・M-42使用
1942年、キスカ島にて撮影されたこの写真中央のNAVAL エヴィエーター Lt. Mull, 彼が着用するカーキ色のフロントファスナー型式ジャケットが、ここでご紹介する NAF 1168 である。
バック フロント/インサイド
コントラクト・ラベル フロント・ファスナー
実物・TALON(M-42)

1942〜43年、冬期におけるネーバル・エヴィエーター(海軍航空パイロット & クルー)及びグランドクルー(海軍艦上航空機作業員) を対象に開発されたジャケットであり、 外見上は、大戦初期型と呼ばれるフロント・ファスナー型式のデッキジャケットに酷似するが、互いに異なったパターンと仕様を基に製作された別タイプの物である。その違いの中で最も大きな点は、ライニングに大戦初期型デッキジャケットにはメルトン・ウールが用いられたのに対し、NAF 1168には当時としては画期的な試みであった、アルパカが織り込まれ起毛されたパイル地が用いられている点にある。このアルパカ毛使用・ライニングの着心地、優れた保温性がいかに兵士達に好評であったかは、この仕様のライニング材が以後50年代半ば迄、長く引き続き米海軍において用いられた事からも容易に理解できる所である。NAF 1168 自体の製造・支給に関しては1〜2年間の多分に試験的な限定的なものであり、ために現存する実物の数、極めて少なく、今回、重量感に溢れた13.2オンス カーキ色・コーデュロイ表地、100%純アルパカ毛使用パイル織ライニング地と共に再現された私共 復刻版 NAF 1168 を通じ、おそらく国内外を合わせ100着も残っていないであろうともいえるこのジャケットの魅力を一人でも多くの方に知っていただければと一同心より願うものであります。
 
ITEM #
名 称 在庫状況
09-03-2110
ネーバル・エヴィエーター
NAF1168 ジャケット
※全サイズ、SOLD OUT

当在庫切れ復刻品に関し、制作スケジュール決定次第、私共よりの案内をご希望される方は、 右「案内希望」ボタンをクリック下さい。 ※ご注文ではありません。 #09-03-2110/DM希望
       
-


top

Copyright MASH CO.. All Rights Reserved